【お父さんが鬼畜に…】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第5話ネタバレ

手塩2 超ネタバレ

2人合意のセックス
良かったです

レイプのわだかまりがとけて
次へと踏み出したふたりです

陽葵ちゃんの騎乗位
ド迫力ですよ


↓↓↓無料試し読みの最短はこちら↓↓↓


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第5話 身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて ネタばれギリギリあらすじ

私と陽葵はあのレイプ以来のセックスをしようとしていた
陽葵の積極的なアプローチに私は促されるままだった
私もそうだが陽葵もあのレイプに区切りをつけたいと思っているようだった

「今は入れて大丈夫だから…」
「というより入れてほしいの」

「いれるぞ」
痛がる陽葵
「大丈夫抜かないで」
「やっぱりお父さんの大きいから少しびっくりしただけだから」

私は陽葵の喘ぎ声を聞きながら
すっかり大人の女になっていると
そして本当にかわいいと心の底から思った


「ねえお父さんキスしてよ」
「ほっぺに?昔もやった…」
「違う口で」

大人の女として接してほしい陽葵がそこにいた
私はキスをすると燃え上がった
激しく腰を振りあっという間に果ててしまった

陽葵はセックスの気持ちよさを少しわかってきたようだった
「私もっとやりたいのお父さんも気持ちよくなってほしい」
「早くやろう次は私がやってみたいのがあるの」

陽葵はそういうと私をベッドに仰向けに寝かせた
大きく股を開き私をまたいだ

「したいのは騎乗位」


自分でしたい
お父さんを疲れさせないように…

陽葵は部活で鍛えた足腰もあってか
とても初めての騎乗位とはおもえない動きをした

途中から自分の気持ちいい場所を見つけたようで
より激しく私のちんポに当たってきた

私はまた上り詰めて大量のザーメンを陽葵の中に流し込んだ
陽葵もおなかの中に熱いものを感じながら
セックスの気持ちよさに目覚めてしまったようだ

「これは毎日エッチしないと」


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第5話 身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて 感想

陽葵ちゃんはレイプ事件の区切りをつけたかったんですね
お父さんと合意のセックスをして
お互いにリセットできた様でよかったです

セックスはお互いの愛を確かめ合えるんだなって思ったですね
それぞれ思っていることをだしあって確かめ合う
それでまた愛が深まる


理解しあえるということですかね

それにしても陽葵ちゃんの性への
あふれんばかりの好奇心はすごいです

これではお父さんはちょっとたじたじになっちゃいますね


↓↓↓妄想を膨らませたい方は無料から♪↓↓↓

超ネタバレ
【お父さんが鬼畜に…】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので【エロ漫画】

コメント

タイトルとURLをコピーしました