【お父さんが鬼畜に…】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第8話ネタバレ

手塩3 超ネタバレ

陽葵がベッドに私を誘う
陽葵の性欲は日に日に強くなっている

まるで盛りでも付いたようだ
セックスするたびに何か新しい快感を見つける

私も絶倫になったかのように錯覚させられる
すぐに立ち直るちんちんに自信がみなぎる


↓↓↓無料試し読みの最短はこちら↓↓↓


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第8話 若いメスとの生セックスは中年精力に火を付けて ネタばれギリギリあらすじ

陽葵に言われるがままに
もう一回するためにベッドへ向かった

陽葵はベッドに横たわると私の方へ
大きなお尻を向けて早くとせっつく

私がコンドームをつけようとすると
「いいよもう」
「そのままやっちゃお」
「やっぱり中に出してほしいもん」

その言葉に私も再び火が付いた
そのままひなたのまん〇にぶち込んだ


「はぁ気持ちいい」
陽葵はすっかり興奮状態で
あそこはぬれぬれ
体中が敏感になっていた

「横の姿勢素ごて気持ちいい」
「お腹の中がもにょもにょする」
「もっとやって…」

私が乳首をいじっとけと言った
乳首の快感と私のちんちんが刺激する
お腹へのぐりぐり感を感じていたる陽葵

悶える陽葵を見ながら私の方が先に行ってしまった

陽葵は私が付かれていないか気にしてくれていたが
少し休みたいと思ったが
私のちんちんはすぐに天井を向いていた

それを見た陽葵は
「ねえやろ」と…


夕食を家族三人で食べていると
妻が珍しく誘ってきた

「ねえ今日は一緒に寝ない 久しぶりに」
私は何もこたえなかった
きいていた陽葵が少し顔を赤らめていた

食事が終わり私は妻の部屋に行ってみた
妻は下着姿で立っていた
私が部屋に入ると

妻はベッドで四つん這いになって
私に尻を向けた


本当に久しぶりだ
前戯をせずにコンドームを付けてローションをぬって
妻のあそこにぶち込んだ

陽葵のお尻や穴の感触とつい比べてしまう
妻に気遣いながら腰を動かした
「気持ちいいよ」

妻も何か私とセックスすることで
何か感覚を取り戻そうとでもしているかのようだった

膣の動きを敏感に感じてしまった

我が家の人間関係も動いているような気になった


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第8話 若いメスとの生セックスは中年精力に火を付けて 感想

陽葵ちゃんがなまめかしいです
ベッドで父親を誘うあのしぐさ
男なら引き寄せられてしまう

自分から貪欲なくらいに
ちんちんを求めてしまう
今日も新しい体位の快感を知る

陽葵とお父さんのセックスが深くなっていく中


お母さんとのセックスがありました
久しぶりにストレートに誘われ
素直に従うお父さん

久しぶりのお母さんとのセックスは
お父さんにとっては若い陽葵と比べてしまう時間になっていましたね

お母さんの過去と最近の夜遊び
家族のひずみがそれぞれ感じてきていますね

お母さんの久しぶりのセックスは何を意味しているのでしょうか


↓↓↓妄想を膨らませたい方は無料から♪↓↓↓

超ネタバレ
【お父さんが鬼畜に…】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので【エロ漫画】

コメント

タイトルとURLをコピーしました