【お父さんが鬼畜に…】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第4話ネタバレ

手塩2 超ネタバレ

お父さんを許した陽葵ちゃん

お父さんとずっと一緒にいたいから…
お父さんの気持ちいいことしてあげる

急展開で陽葵とお父さんがいい仲に

覚えたてのフェラ・パイズリで
お父さんがイキまくる!?


↓↓↓無料試し読みの最短はこちら↓↓↓


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第4話 私、お父さんとずっと一緒にいたいから ネタばれギリギリあらすじ

私は結局省察へ行かずに家に戻ってしまった
最低なことをしてしまったと思っている
陽葵が本当は許していないなら警察へ行く覚悟だ

次の日は何事もなかったように私は会社へ
そして陽葵は学校へと登校していった

まだ妻は旅行中で家にはいない
陽葵と今晩どんな顔で会えばいいのか…
いろいろ考えながら帰宅した

そろそろ夕食を作ろうとしたとき
陽葵が私のところへやってきた


「お父さんの気持ちいいことしてあげる」
そういうと陽葵は私のちん〇をいじりだした
私は何がどうしたのかわからず動揺した

「私ずっとお父さんと一緒にいたいから」
「昨日はお父さん戻ってくれたけどやっぱり警察行ったりしたら私やなの」
「お父さん私が本当に許しているのか怖いんでしょう」
「お父さん正義感強いから何かあったら警察行きそうだし」

陽葵はそう言いなが私のちん〇をしごきだした
「授業中スマホでいっぱいエッチな動画みてたんだけど」
「おちんちんにキスしたり口に咥えたりしてた」
「気持ちいい?」

そういうと陽葵はフェラをし始めた
一生懸命に口を動かしていた

そんな陽葵を見ながら私は急速に感極まっていった
あっという間に陽葵の口の中に射精


陽葵はうれしそうな顔をして
「本当に気持ちよかったのかなお父さん」

「ああすごく気持ちよかったよ」
「お父さんがおうちにいてくれるならずっとしてあげる」

私はなんだか心が熱くなるのを感じていた
私は陽葵に愛されているそう感じていた

そのご妻が旅行から帰ってからも
陽葵は妻の目を盗んで私の部屋へときた
そしてフェラをしてくれるのだ

こんなことをしていてはいけない
そう思う気持ちと
陽葵のフェラが上達していくのを楽しみにしている自分がいた


ある日陽葵は私に問いかけた
「私おっぱい大きいでしょ?」
「ああおおきいほうだろ」
「おっぱいでちんちんを擦るのやってみたいんだけど…」
「やってくれ陽葵の頑張りを見せてほししい」

陽葵は大きなおっぱいを出し
わたしのちんちんを挟んだ
何て柔らかい刺激
思わずうなってしまった

「きもちいい?」
「キモチイイ」

陽葵のオッパイは大きいから肉が私のちんポに密着して
快感があっという間に広がってきた


陽葵はエッチビデオでパイズリも研究してくれていた
陽葵はその通りに一生懸命に実践してくれている

揺れるオッパイがエロい
快感はあっという間に私に迫ってきた

私は完全に陽葵に身をゆだねていた
そしてためらうことなくそのまま放出した

ビデオ通りに射精できたことに陽葵はとても満足していた
私を気持ちよくしようと一生懸命な陽葵に
私は感動すら覚えていた


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第4話 私、お父さんとずっと一緒にいたいから 感想

お父さん良かったですね
陽葵ちゃんが許してくれていて

物語の雰囲気が一気に変わり
とても温かい気持ちになっています

陽葵ちゃんがとてもお父さんを愛しているのがひしひしと伝わります


お父さんとずっと一緒に暮らしたい
一途にお父さんに気持ちよくなってほしい

フェラもパイズリもどんどん上達していく
それを毎日やってもらえるなんて…

すげー幸せですね
ああちょっとでいいからしてもらいたいです( ´艸`)


↓↓↓妄想を膨らませたい方は無料から♪↓↓↓

超ネタバレ
【お父さんが鬼畜に…】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので【エロ漫画】

コメント

タイトルとURLをコピーしました