【お父さんが鬼畜に…】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第3話ネタバレ

手塩3 超ネタバレ

お父さんの鬼畜度が半端ないです

ロス目のパンツを脱がし
肉欲のままに行動する父親

陽葵の身体がすごい
たわわなおっぱい
ムチムチな下半身
コケティッシュな顔立ち

オスの本能を狂わすフェロモンを
十二分に拡散しています


↓↓↓無料試し読みの最短はこちら↓↓↓


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして ネタばれギリギリあらすじ

私はもう肉欲のみで行動していました
家族ですから毎日陽葵と顔を合わせていたわけですが
今まで起きたことのない感情が私を覆いつくしていました

陽葵の裸を見たのは何年ぶりでしょうか
もうすっかり大人の女になっています

私は生き物の強い本能の前に
理性など吹っ飛んでしまっていました

床にうつぶせになった陽葵をバックからはめて
激しく腰を振っていました

ずっと蓋をしていた私の心の扉が破壊されたようでした
陽葵が憎いとかいうことではないのに
陽葵の心をえぐるような言葉をはき続けていました


陽葵は時々
「お父さん止めて…」
と力なくつぶやきました

それでも私の性欲は衰えることなく
自分の心の声が解き放たれるたびに
さらに欲情していったのです

もう自分でもコントロールなどできない状態でした
そして陽葵の処女のきついまん〇が
私のあそこを強く握りしめ

快感の波は確実に
そして早くやってきます

何度陽葵の中に出し続けたでしょうか…

しかし最後の時が来ました

わたしのちんこは急速に萎え
私自身我に返っていくように感じました

もう陽葵とは会えない
二度と会えない


私はテーブルの上に置手紙を置くと
静かに我が家を出ていきました

するとソファで泣いていたはずの陽葵の声が
私の背中越しに聞こえました

「待って」
私は呼び止められました
またもとのように一緒に暮らそうといってくれたのです

私はどうしていいのか迷いました
陽葵は優しい子です


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして 感想

陽葵ちゃんは優しいですね
感動しました

一番傷ついているのはお父さんじゃないでしょう
陽葵ちゃんですね

でもその陽葵ちゃんのやさしさはきっと
今まで育ててきてくれたお父さんの深い愛があるから


お父さんが大好きだから

お父さんと陽葵ちゃん
今日のことが二人の関係を変えることは間違いないでしょうね

さてどんな関係になっていくのでしょうかね


↓↓↓妄想を膨らませたい方は無料から♪↓↓↓

超ネタバレ
【お父さんが鬼畜に…】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので【エロ漫画】

コメント

タイトルとURLをコピーしました